二重手術の種類〜小切開法〜

二重まぶたにするための手術方法のひとつには、小切開法というものもあります。

これは埋没法が広まってからは受ける方も少なくなってきたようですが、上まぶたの皮や脂肪のたるみなどが多い方などが受ける事が多いようです。

上まぶたのたるみが多いと、埋没法では二重になりきれない場合や、もしくはすぐもとに戻ってしまうかもしれないからです。

小切開法は、自分の希望のまぶたの幅を決めたら、その幅によって5mmほどまぶたを切ります。

このとき、ただまぶたを切るだけではなく、その下の眼輪筋と言う筋肉を切っているのです。

この眼輪筋は、通常一重の方が二重にする際に邪魔をする筋肉なのです。(もちろん、通常一重の方が無理やり二重にすることによって邪魔になる筋肉なので、一重の方も通常は必要な筋肉ですし、二重の方もその筋肉があるからと言って特になにも問題はありません。)

希望の二重の幅によっては切る箇所は1箇所や2箇所と変わってきますが、この眼輪筋を切ることによってきれいな二重まぶたにすることができるそうです。

なにより、埋没法との違いは、邪魔な筋肉

病院によって、切る方法をオススメしない場所もありますし、きちんとキレイに二重を作るには切ったほ方が良いと言う病院もあります。

自分の目の状態によって様々ですが、まずはお医者さんに相談してきちんと話し合う事が大切です。

料金は、病院や保証がつくかつかないかにもよりますが、15万円くらいから25万くらいで受けられそうです。