目を大きくする手術の種類〜目頭切開法〜

より、目を大きく、二重にぱっちりさせたい、という方は二重手術と一緒に手術することが多い目頭切開ですが、これをする方のほとんどに日本人特有の「モウコヒダ」というヒダがあるそうです。

きれいに二重にならず、奥二重になってしまう方は「モウコヒダ」があるために、目頭まできれいに通った二重になってしまうのです。

目頭の二重の幅をじゃまするヒダ、とでも言いましょうか。

目頭切開は、その「モウコヒダ」を切り、きれいな二重にすると同時に、目を大きく見せるという方法です。

これによって、離れていた目が近く見えたり、二重の線が目頭で奥に行かずにきれいな二重になります。

方法も内田法やミニZ法、W型切開や三日月型切開など、方法は様々ですが、ミニZ法は、余計な皮膚を切らずに目頭切開をしているので、手術したあとに自分が気に入らなければある程度までは戻す事が可能なのだそうです。

しかし、他の二重の手術や埋没法などと比べると腫れや傷の跡が気になる場合が出てくる可能性があるので、慎重にカウンセリングを行っていただいた方が良いと思います。

幅の調整の為に麻酔も全身ではなく、局部麻酔で確認しながらの手術となるそうです。

腫れやすいなどの心配はつきものですが、きちんとした病院で行えば、カウンセリングも手術も、もちろんちゃんとキレイになるまでアフターケアも行ってくれますので、安心して相談してみましょう。

料金は、病院によって様々ですが、約20万前後で行っているようです。
学割などが適用されていたりする病院もあるようなので、気になる方はまずはカウンセリングをどうぞ。