ワキガ・多汗症を治すための手術の種類〜切除法・剪除法〜

わきの下の臭いや、汗の量、それは女性にとっては大きな悩みなのです。

しかもワキガになってしまった日には、涙モノですよね。

どこに行くにも他人を気にして、自分の臭いを気にして・・・これではせっかくの外出も楽しむ事ができません。

美容整形やプチ整形ではそんな申告な悩みを治すための方法が多くあります。

今回はその中の2種類を紹介します。

ワキガや多汗症の治療で最も昔から使われている方法が切除法です。

文字のままわきの下の毛が生えているあたりを切り、毛根ごと取って汗を少なくしましょう、と言う方法です。

最近は体にメスを入れることが怖い、と言う方が多いことや、プチ整形でも治せる方法が増えてきたことからなかなか使用されませんが、この切除法が1番定番の方法です。

もうひとつが剪除法です。
わきの下の毛が生えている部分を良く見ると細いシワが見えると思いますが、そのシワの部分を少し切り、その間から汗腺(汗がでる所ですね)を取り除いてしまおう、と言う方法です。

こちらも入院が必要になる場合も多く、メスを入れる必要があるのでなかなか最近は使用されませんが、昔はよく行われていた手術です。

各自料金は病院によって様々ですが、30万円から40万円程度はかかります。