ワキガ・多汗症を治すための手術の種類〜皮下組織吸引法・超音波治療法〜

自分がワキガだって気づかない人って結構多いですよね。

家族に言われて初めて気がついたとか、そんな方多いです。

でも女性ならワキガだって気がついた瞬間きっとかなり落ち込んでしまうと思います。

自分がくさかったなんて思いたくないものです。

しかし、せっかく気づくことができたのですから、さっさと治してしまえばいいのです。

ワキガや多汗症を治療するための美容整形の方法をまた2種類紹介します。

まず皮下組織吸引法は、今までの切る治療方法と違い、わきのしたに小さな穴を開けることからはじまります。

切って治療する場合は数センチの切り込みを入れる必要がありましたが、この皮下組織吸引法は、数ミリの穴でいいのです。

そしてそこから細い管を入れて、汗腺や皮脂腺を吸いとってしまう方法です。

傷痕が残る心配も少なく、入院も必要ありません。

とても激しい運動をしなければ特に日常生活で制限されている事も少ないので、仕事が忙しいかたにもオススメです。

そしてもうひとつは、超音波治療法と言います。
こちらは皮下組織吸引法を超音波治療に変えた方法です。

皮下組織吸引法のように汗腺や皮脂腺を吸い出すだけでなく、超音波で破壊しながら吸い取るのです。

超音波の方法は、手術をした後の肌のトラブルが少ないことから、受ける方が多いのです。

どちらの方法も傷痕が残りづらく、入院不要なのが特徴です。

料金も病院によって異なりますが、約30万円から40万円程度の料金となります。