脂肪注入での豊胸手術への不安・疑問

豊胸手術の方法は様々ですが、最近は自分の余計な脂肪を取り除いて胸に入れる事ができるという部分痩せも含めた豊胸ができることから、脂肪注入での豊胸を希望する方が増えてきているようです。

そんな脂肪注入法の豊胸手術へのよくある質問をまとめてみました。

・手術の時間は消毒の時間も含めて約100分前後だそうです。
実際脂肪を吸引したり注入している時間は1時間程度です。

・プチ整形や美容整形で1番気になることは傷痕が残るのかどうか、腫れは気になるのか、と言うことですが、脂肪注入の豊胸手術に関してはやはり手術後2、3日は腫れが気になることが多いようです。
しかし腫れはゆっくりですが確実に引いていくので、2、3ヶ月後にはキレイな状態になっているそうです。
傷に関しては4ミリから5ミリ程度の傷口が吸引したところに1箇所と胸に注入した際の針の痕が何箇所かあるようですが、それも時間とともに目立たなくなり1ヶ月以内には目立たなくなろそうです。

・もちろん入院や通院は不要です。
通常は約1週間後に抜糸のための来院が必要になりますが、忙しい方のために抜糸も溶ける糸を使用して省くこともできるそうです。

・痛みに関しては、両方とも細い管や針を使用するので、チクッとする程度のようです。
部分麻酔を使用している病院も多いので我慢できないほどの辛い痛みを感じる事はなさそうです。
しかし個人差はありますので、担当のドクターに相談してみるといいと思います。

・下着に関しては、ブラジャーが1週間程度つけられない事や、吸引した場所には専用下着を着る必要があります。

・お風呂は傷口に直接あたらなければシャワーくらいは浴びる事ができるようです。
湯船につかるのは1週間以上たたないと無理のようです。

・お仕事が忙しい、と言う方も体のためには2、3日は安静にしたほうがよさそうです。

・リスクに関しては少ない可能性で内出血や微熱になる方もいますが、すぐに治るそうです。

病院によってしていいこと、してはいけないことが決まっていると思うので、ドクターの指示に従って正しく生活すれば何の問題もないと思います。