は行用語2

ヒアルロン酸注入:ヒアルロン酸がどんなものかはもうご存知かと思いますが、ヒアルロン酸注入とは、若返りのためのプチ整形やエステなどでしようされているシワとりやたるみとりなどの方法です。
コラーゲンよりも人気があるので、最近ではハリウッド女優もヒアルロン酸注入なんだとか。

フェイスリフト:こちらも少しは耳にした覚えがあると思いますが、顔の輪郭のたるみが気になっている方がよく行う手術法のことで、顔の皮膚を引き上げて縫い直す方法です。
皮膚の筋膜ごとひきあげるので、顔のたるみだけでなく、首筋のたるみにも効果があるそうです。

フォトフェイシャル:よくシワやシミなどの治療方法にレーザーが挙げられますが、これはフラッシュのような光を照射してシミやそばかすを治療する方法です。
レーザーよりも肌へのダメージが少なく、時間もかかりません。
レーザーに似て肌のコラーゲンを増やす働きもあるので、ハリなども元通りになります。

プラセンタ:別名胎盤と言います。
この胎盤には通常体に必要なのに、体自体には含まれていない物質が入っています。
その物質の効果は疲れを取るばかりか、便秘や更年期障害にも効くといいます。
様々な病気に効果のある物質が含まれているため、現在は美容整形にも医療関連にも注目されているもののひとつです。

プロテーゼ:これは現在シリコンやその他美容整形手術に使用されていた物質に変わり、鼻やあごの形を整える美容整形手術に使用されている物質です。
人間の軟骨と同じような硬さなので、さわり心地も今までよりもずっと自然になりました。