どうしてワキの臭いがするの?

ワキガというのはワキの臭いが酷い病気のことを言いますが、そもそもなぜワキがにおうのでしょうか?

におう人もいればにおわない人もいるのですから。

ワキの臭いは、わきの下の汗腺が関わっています。

アポクリン腺という汗腺とエクリン腺という2種類の汗腺がわきの下には存在します。

アポクリン腺は毛が沢山生えている皮膚の下に沢山あり、エクリン腺は体中にあります。

アポクリン腺は黄ばみやきつい臭いの原因となる汗を出している汗腺です。

アポクリン腺からかいた汗は、脂肪や鉄分、色素や尿素やアンモニアなど様々な成分が入っていて、汗が乾くとべたべたします。
その乾いたあとのべたべたがあの強烈な臭いを出しているのです。

しかしエクリン腺は基本的に体温を調節するためにかく汗が出てくることが多いので、夏の暑さや運動したとき以外にも、ストレスや辛いものを食べたときなどにも汗を出します。
こちらの汗はサラサラしています。

エクリン腺から出る汗にきつい臭いがあるとは考えられてはいませんし、二つの汗腺は異なる性質がありますが、どんな汗でも量をかけばかくほど、臭いも多く、広く臭います。

ですので、アポクリン腺からもエクリン腺からも両方から汗が出れば、通常よりも多く汗をかき、臭いも強烈になるのです。

ですから、ワキガには、この二つの汗腺が起こしていると考えられています。