埋没法と切開法はどちらがいいですか?

最近は切開法で二重の手術を行う病院も少なくなってきたような気がします。
大抵の病院は埋没法を薦めると思いますよ。

なぜなら埋没法はリスクや手間が少ないからです。
切開法と違って、目自体にメスを入れなくて済むので、腫れもほとんどなく自然な出来上がりで、手術をしたことさえ気づかれないと言います。

いわゆる、今流行の「プチ整形」というやつです。

忙しい方でも通院が必要ないので便利です。
まれに数年たつと戻ってしまう場合もありますが、それも長所にあたると思います。

戻ってしまうと言う事は、もし手術後気に入った顔にならなくても、戻すことができるのです。

しかしそのかわり、くっきりとした二重にすることは難しく、比較的幅も狭い二重になります。

その点切開法は元に戻すことはできませんが、しっかりとした二重にすることができ、効果がなくなるということもほぼありません。

しかし、腫れは長引く場合が多く、通院も必要です。
しかし元には戻せませんし、傷も残る場合があります。
(と、言っても本当に小さな傷ですが)

料金もどちらかといえば切開法の方が高めです。

どちらの方法で二重にするかは最終的には自分で決めるのですが、仕事の都合や予算など、自分に合った方法をドクターと話し合ってください。