陥没乳首を治す手術

世の中には胸が大きい、小さいだけでなく、乳首の陥没でなやんでいる方も多いのです。

乳首が陥没していると、見た目の良し悪しもありますが、衛生面での心配や子供が出来たときに授乳にも困ります。

陥没乳首にも、少し刺激を与えれば出てくる程度なら、見た目が気にならなければ特に問題はないそうですが、何をしても乳首が出てこない場合などは、炎症なども起こしやすいので、できれば手術を受けたほうがいいそうです。

見た目が気になる、と言う理由が多くの手術理由だと思いますが、本当は見た目以上に大変なことのようです。

陥没乳首を治す手術は、乳輪から乳首の周りに切り込みを入れ、後ろから乳首を押し出して、通常の凸のある乳首に整えて繋ぎ合わせる手術だそうです。

こちらはメスを使用しないプチ整形では完全には治すことは難しいので、美容整形としてきちんと時間をとりましょう。

とくに授乳には問題の無い手術なので、安心して受けることができます。

傷も目立つところには残らないので、見た目にも機能的にも美しく変化する事ができます。

手術時間や入院期間などは手術内容によって異なりますので、個別に問い合わせた方が、目安になる時間を聞く事ができるでしょう。

病院や手術内容によって様々ですが、料金も片方2、30万円程度で受けることができます。

片方だけ陥没している、と言う方にも受けていただけます。