最近は自分の歯並びや色が気に入らない、と言う理由や、もっと歯をきれいにしたい、事故や怪我で歯がなくなってしまった、と言う考えから「インプラント治療」を受ける方が多くなっています。

そこで”インプラントとはどのように手術をするのか”を簡単に説明したいと思います。

これからインプラント治療を考えている方の参考になれば、と思います。

まずはきちんとカウンセリングをします。
どこの部分をインプラントにするのか、何本インプラントにするのか、かみ合わせや歯の全体の形など、患者さんそれぞれにあった治療方法を考えて生きます。

そして行う手術内容が決まったら、歯を固定するために、あごの骨にインプラントを埋め込みます。
(インプラントは歯を固定するためのねじのようなものです)

このインプラントがしっかり骨に固定されるまで3〜6ヶ月ほどかかります。
インプラントを固定している間は、仮の歯を使用することもできるそうです。

そしてインプラントが固定されたら、歯茎を切り、そこから歯をインプラントに固定します。

固定する際は、インプラントよりも小さいねじのようなもの(スクリュー)で歯をしっかりと固定します。

これで、治療は終了です。

なくなった歯が元通りになった、今までよりもずっと葉がきれいになった、などなど感想は様々だと思います。

料金は病院や治療内容によって様々なので、きちんとカウンセリングを受けてくださいね。

しかし、歯、と言うものはとても大切なものです。
1本くらい無くてもいいや、なんて思わないでくださいね。